TOP > 社労士法人トップ > 社労士法人サービス > 事業内容:労務トラブル防止

労務トラブル防止


労務トラブルを防止するには、勤怠管理をしっかり行い、社内ルールをしっかり作りましょう。


労務トラブルを防止するには?

労務トラブルを防止するには、勤怠管理をしっかり行い、社内ルールをしっかり作りましょう。

勤怠管理

勤怠管理のトラブルとして、よくあるケースとしてはシフト管理が複雑になってしまうケースが挙げられます。
勤怠管理をしっかり行うことで、シフト管理が複雑になってしまうケースや
短期アルバイトなどが多い場合は欠勤の管理なども大変複雑になります。
勤怠管理についても、システムを入れてから浸透するまでしばらく時間がかかります。
従業員が操作に慣れて習慣化してくれるまでミスが起きやすい可能性があります。
勤怠管理は、残業時間削減や働き方改革に多くのメリットがありますが、従業員にとっては残業時間が削減される可能性もあり
社内ルールがしっかりしていない状態で導入すると労務トラブルに繋がる可能性もあります。

社内ルールづくりと、勤怠管理を取り入れて労務トラブルを「未然」に防ぎましょう。

雇用契約書づくり

雇用契約書や労働条件通知書などの書類を作成します。
採用を行う際に労働条件をしっかり伝えていきましょう。
従業員を採用するときは、賃金や労働時間などの労働条件を「書面で」明示することが大切です。

残業代について

みなし残業などが多いと労務トラブルに繋がります。残業代は決めた額をしっかり支払いましょう。

就業規則について

就業規則は会社のルールブックです。就業規則は原則従業員10名以下の会社は不要です。
しかし、労務トラブルを避けるためにも従業員を採用している場合は就業規則作成をおすすめします。
就業規則では定め切れない部分は、「内規」として社内ルールを作りましょう。

業務内容へ戻る
まずはお気軽にご相談を