TOP > 税理士法人トップ > 税理士法人お役立ち情報 > 税務知識 > 「ChatGPT会計処理」会計業界が注目するAIの秘密とは?

税務知識 column

税務知識
2023.10.18 税務知識

「ChatGPT会計処理」会計業界が注目するAIの秘密とは?

近年、AI技術の進化が各業界での業務変革を推進しています。中でも「ChatGPT」という名前を耳にすることが増えたのではないでしょうか?

このChatGPTが、実は会計業界でも革命を起こしつつあるのです。会計業務は詳細かつ繊細な作業が求められるため、AIの導入には慎重なアプローチが必要とされてきました。しかし、ChatGPTの進化とともに、それが現実のものとなりつつあります。

本記事では、ChatGPTがどのように会計業界に変革をもたらしているのか、そのメリットとともに潜在的な課題についても詳しく探求します

会計のプロフェッショナルはもちろん、最新技術に興味を持つすべての方々へ、次世代の会計業界の動向をお届けします。続きを読んで、未来の会計業務の姿を先取りしましょう!

ChatGPTの概要と主な特徴

ChatGPTは、OpenAIによって開発された会話型のAIモデルで、深層学習の技術を基盤としています。このAIは、膨大な量のテキストデータを学習することで、自然な会話を実現しています。

ChatGPTの最大の特徴は、その柔軟性と自然さです。ユーザーが投げかけるさまざまな質問やリクエストに対し、迅速かつ適切な返答が可能です。

特に、GPT-4以降のバージョンでは、より高度な理解と応答能力を持つようになり、多岐にわたる業界や分野での活用が期待されています。このような背景から、会計処理の現場でもその活用の可能性が探求されているのです。

GPT-4以降の進化とその特徴

GPT-4は、その前身であるGPT-3と比較して、格段に進化したAIモデルとして知られています。特に、学習データの量が大幅に増え、その結果として、より高度な文章生成や理解能力を持つようになりました。

また、GPT-4以降は、ユーザーとのインタラクションを通じて継続的に学習する能力も強化され、過去のデータや会話から学んだ内容を新しい文脈で応用することが可能になりました。

この進化により、特定の業界やタスクに特化した情報提供やサポートが期待されており、会計処理の分野でも、より精緻なサポートや助言が可能となっています。このような進化は、ChatGPTの持つ無限の可能性を示す一例と言えるでしょう。

ChatGPTが会計処理をどのようにサポートするか?

ここからは、ChatGPTが会計処理でどのようなサポートをしてくれるかについて、3つご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

自動応答やFAQ対応での使い方

会計処理においても、ChatGPTは顧客やスタッフからの疑問や質問に対して、自動で適切な回答を提供することが可能です。例えば、会計ソフトやシステムの使い方に関するFAQをChatGPTに組み込むことで、リアルタイムでの問い合わせ対応がスムーズになります

また、特定の会計用語や処理手順に関する質問にも、過去のデータや学習結果を基にして、正確かつ詳細な回答を生成することができます。これにより、顧客サポートの効率化だけでなく、内部の業務効率も向上させることが期待できます。

実際に多くの会計事務所や企業が、このChatGPTの自動応答機能を活用して、サービスの質を高めつつコスト削減を図っています。

データ入力のサポートやエラー検出の自動化

会計処理において、データ入力は重要かつ繁重な業務の一つです。ChatGPTの能力を活用することで、このデータ入力を効率化し、エラーのリスクを大幅に減少させることができます。具体的には、ユーザーが入力したデータに対して、自動的に確認や修正の提案を行う機能を持っています。また、標準的な会計ルールや過去のデータを基に、入力されたデータに誤りや不整合がないかをリアルタイムで検出し、警告や修正提案を出すことも可能です。

さらに、頻繁に行われる特定の入力作業に対しては、一部自動化を行い、ユーザーの手間を軽減させることもできます。このように、ChatGPTを活用することで、会計業務の品質と効率を同時に向上させることが期待できるのです。

会計業界におけるAIの適用事例

会計業界においてもAI技術の進化は明らかで、多くの企業や事務所がその恩恵を受けています。一例として、大手会計事務所はクライアントから提供される膨大な取引データをAIで解析し、異常取引やリスクを早期に検出しています。また、中小企業向けのクラウド会計ソフトでは、AIを活用してレシートの画像から自動でデータを読み取り、帳簿に記載する機能が普及しています。

さらに、AIは税務申告の最適化や未来のキャッシュフロー予測など、高度な分析や提案にも用いられています。ChatGPTのようなテキストベースのAIも、会計質問に対する自動回答や最新の税制改正情報の提供などで、会計業務のサポートを行っています。これらの事例から、AI技術は会計業界においても革命的な変化をもたらしていることが確認できます。

ChatGPTを利用する上でのメリット

ChatGPTを利用するメリットとは、なにでしょうか。ここでは、そのメリットとして3つご紹介するので、ぜひ最後までお読みください。

効率的なデータ管理と処理のサポート

ChatGPTの進化は、会計のデータ管理と処理の面で特に輝きを放っています。日々増え続ける取引データの中から必要な情報を素早く引き出すことは、専門家でさえ難しい作業となることが多い。しかし、ChatGPTを活用すれば、自然言語処理技術により、複雑なデータから的確な情報を瞬時に取得することができます。

例えば、過去の取引データを基にした予算の策定や、特定の業績指標の詳細な分析リクエストなど、複雑なデータ処理も簡単に行えます。さらに、ChatGPTはデータの整合性チェックやダブリデータの検出もサポート。これにより、人的ミスを大幅に減少させることが可能となり、会計業務の質と効率が同時に向上します。これらの機能は、時短と精度の向上の両方を実現し、会計専門家の負担を大きく軽減しています。

会計業務における質問対応の迅速化

会計業界での業務は、細部にわたる複雑なデータや取引の管理が求められます。このため、日常的に発生するさまざまな質問や疑問に対応することは、非常に時間がかかる作業となり得ます。ChatGPTの導入は、こうした課題へのソリューションとして注目されています。

ChatGPTは、会計に関する基本的な質問から高度な分析要求まで、即座に対応可能。例えば、「先月の売上は?」や「今年の税金の詳細は?」といった具体的な質問に対して、迅速に正確な回答を提供します。また、過去のデータやトレンドに基づいた分析リクエストにも柔軟に応じることができます。

このような迅速な情報提供は、経営者やステークホルダーとのコミュニケーションを効率化し、会計専門家の業務効率を飛躍的に向上させることが期待されます。実際の現場での対応時間短縮は、ビジネスのスピードを大きく加速させる要因となるでしょう。

過去の取引や記録を元にした予測や提案の自動生成

過去の会計データや取引履歴は、企業の将来の方向性や戦略を考える上での大切な参考資料です。ChatGPTは、このような膨大なデータを基にして、未来の予測や戦略的な提案を自動生成する能力を持っています。

具体的には、過去数年間の売上データや取引履歴をもとに、次の四半期や次年度の売上予測、利益予測を瞬時に出力することが可能です。さらに、業界のトレンドや外部の経済状況も考慮し、最適な経営戦略や投資先の提案も自動で生成します。

このような高度な分析や提案は、従来は専門家の手によって行われることが多かったが、ChatGPTの力を借りることで、時間をかけずに精度の高い予測や提案を得ることが可能となります。この技術の進化は、経営判断を迅速かつ的確に行う上での強力なサポートとなることでしょう。

まとめ

この記事ではChatGPTを会計処理にどう使うかについて解説しました。ChatGPTの有用性について、理解してもらえたかと思います。

ただし、ChatGPTを使うときはファクトチェックをしっかり行うようにしましょう。性能自体上がってはきていますが、まだ誤ったデータを回答することもありますので、注意が必要です。

使い方を間違えなければ、効果的なAIツールとして活躍してくれるでしょう。

ChatGPTの活用方法については、こちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

この記事の監修者
宮口 奨平
中小企業診断士
求人メディア運営会社に入社後、業務改善・経理等の業務に従事。 中小企業診断士資格を取得後、ストラーダに入社して、経営コンサルティング、融資や補助金の申請業務等に従事している。 クライアントニーズの本質を追求したサービス提供することをモットーとしている。趣味はマラソン。
この監修者のプロフィールを見る

あなたにおすすめの記事

2024.05.2 税務知識

【2024年版】定額減税がもたらす効果とは?会社員・個人事業主の場合で分かりやすく解説

2023.10.18 税務知識

未来の確定申告はAIにお任せ?ChatGPTを活用したスマートな方法

2023.10.18 税務知識

【ChatGPT活用術】次世代の会計業務を先取りする方法

よく読まれている記事

2021.06.29 税務知識

【確定申告】国民年金保険料控除の証明書で領収書は必要?

ギャラ飲み・パパ活の脱税に注意!税務署がどのように見つけるのか?

2023.01.6 税務知識

【申告漏れ注意!】ギャラ飲み・パパ活の脱税に注意!税務署がどのように見つけるのか?

2021.06.29 税務知識

国民年金保険料の控除証明書の再発行のやり方を分かりやすく解説

まずはお気軽にご相談を